メニュー

BLOG

2019.08.27 更新

【女性の新しい働き方】フリーランスになるには少しのスキルがあれば大丈夫?20代で会社を立ち上げた私の体験談

【女性の新しい働き方】フリーランスになるには少しのスキルがあれば大丈夫?20代で会社を立ち上げた私の体験談

フリーランスになるには、少しのスキルがあるだけで活動していけると思っています。

私自身、会社員からフリーランス、そして起業した経緯がありますが、すべて完璧にこなしてきたわけではありません。

たくさんの失敗を重ねてきましたし、落ち込んだことも多々ありました。

 

でもそれが当たり前。

失敗を極度におそれる必要はないんですよ。

 

女性の新しい働き方として、フリーランスが注目されています。

フリーランスとして必要な能力ややり方についても、体験談を交えてお伝えしていきますね。

 

フリーランスから起業!私がこれまでにやってきたこと

私が起業家として会社を立ち上げるまでにやってきたチャレンジについて、はじめにシェアしておこうと思います。

  • 会社員から脱サラして、フリーランスのウェディングプランナーとして活動
  • クラウドファンディングを行い、秋田をテーマとしたブライダルギフトを作成
  • 電子書籍を3冊出版
  • 女性向けの起業サロンを主宰

大きく4つの挑戦をしてきたわけですが、すべてが大成功、というわけではありませんでした。

 

じつは、会社を立ち上げて今に至るまで、5年ほどの年月がかかっています。

今回は、会社員を脱サラした時と、クラウドファンディングを行った時に、どのようなやり方をしたのかについてお話しますね。

 

会社員からフリーランスになった時の体験談

会社員だった当時、まずは資格をしっかり取りたいなと思い、東京まで出てきてウェディングの日本国家資格を取得しました。

そして、肩書きを手に入れたわけです。

ただ、資格を持っているからといって、仕事が自動的に入ってくるわけではないので、自分でとってくるよう意識していました。

 

フリーランスのウェディングプランナーとして経験が浅かったため、すでに活躍しているフリープランナーの方に「お手伝いをさせてほしい」と、いきなり問い合わせたこともありました。

実際にウェディングの現場に行くことで、仕事の流れや雰囲気などを理解していきました。

同時に会社員の頃よりも、現場が思った以上に肉体労働だという大変さがあることを身をもって体感。

少しずつ、フリーランスとしての働き方に慣れていったのです。

 

その後は、学んだことを実践していくために、友人や知人に紹介してもらえるよう、積極的に声をかけていきました。

つまり集客ですね。

その結果、様々なウェディングプランを実現させることができました。

例えば

  • 立教大学の学食にて
  • 都内レストランにて
  • 秋田のゴルフ場にて

 

ウェディング会場として前例がない所でのプランニングは、常に手探り状態。

けれども、思い切ってたくさんのチャレンジをしてきたことは、経験としてちゃんと積み重なっていったのだと実感しています。

 

クラウドファンディングに挑戦したときの体験談

正直、クラウドファンディングはもっと簡単なものだと思っていたんですね。

私が挑戦した当時は、クラウドファンディングが流行っていましたし、60万円くらいの資金調達を目標としていましたから。

でも、結果としてすごく大変な思いをしました。

 

秋田をテーマとしたブライダルギフトを作成しようと決めた当初は、友人に協力を求めつつ、資金集めをしていました。

金額がそれほど高額ではなかったからか、認知がない私でも資金調達はどうにか達成。

 

そこからが難航しました。

なにに苦戦したのかというと、カタログに載せる商品を集めること。

「秋田の食材のみを取り入れたカタログギフトを作る」と決めていたので、秋田名物を扱う大手企業に連絡するところからスタートしました。

出品してくれそうな企業が見つかったとしても、価格交渉などが必要になって。

慣れない交渉を行う中で、たくさんの失敗も経験しましたね。

 

フリーランスは能力よりも経験を積もうという心がけが大切

脱サラしてフリーランスになった体験談をみてきて、どうだったでしょうか。

 

フリーランスとして働くにあたって、よく勘違いされやすいのが「その道の専門家として、とことん能力を磨くべき」という考え方です。

セミナーや本、塾などで学び続けて、実践経験をおろそかにしてしまう人を数多く見かけます。

 

体験談をみてすでにお分かりでしょうが、私の場合、フリーランスになった後は、ひたすら現場に出て経験を積んでいます。

前例のないことにもチャレンジしていますし、クラウドファンディングに挑戦した際には、交渉事など慣れないことにもどんどん手を出してきました。

 

たくさんチャレンジしてきて、あれこれ乗り越えてきた私。

積み重ねてきた経験が、すべて「自信」につながっている、と今なら言えます。

 

フリーランスとして働くならば、能力を伸ばすことにばかり目を向けるのではなく、経験を積み、それを自信に変えていくことが大切だと思っています。

 

フリーランスになるには「失敗」とのうまい付き合い方を学ぶべき

ハッキリ言ってしまうと、フリーランスは失敗の連続です。

むしろ、会社員として働いていたとしても「まったく失敗しない」人はいないと思います。

 

失敗するのは当たり前なんです。

 

私たちはありがたいことに、先人の失敗談から多くを学ぶことができます。

失敗しないためのノウハウやスキルを徹底的に調べたい方もいるでしょうが、私は「どんどん失敗してもいい」と思っています。

だって、「失敗」のある人生は、それだけで深みを与えてくれるから。

 

映画やドラマでも同じですよね。

登場人物が大きな失敗をして、落ち込むけれど、そこから這い上がってハッピーエンド。

この振れ幅が大きいほど、私たちの心に響くものがありますから。

 

「失敗したらどうしよう」

そう思って行動が鈍くなりがちな人もいますが、これまで成功をおさめた人たちも、例外なく失敗を体験してきているのです。

失敗を恐れすぎて行動を起こさずにいるのは、何も変わらないことを選択しているのと同じ。

失敗が当たり前だと受け入れ、行動を起こして経験を積み重ねていく。

それをくり返すことで、ようやくあなたの望んだ景色がみえてくるのです。

 

行動力を上げるためのポイントは「小さく行動すること」なのですが、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

参考記事:行動力を上げる方法!すぐやる人に変わるシンプルな2つの手順

 

今回の内容について、もっと知りたい方は動画バージョンもご用意しています。

こちらも併せてご覧ください。

 

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

▶︎セミナー情報はこちらをクリックして下さい。

 

▶︎【起業継続講座】起業ビジネスパートナーclassの募集について

ご希望の方は、LINE@にてお問合せください。

 

「最新情報」が欲しい方はフォローしてくださいね。

💎武田あゆりの公式LINE@
URL:https://goo.gl/U3UzUt
LINE@ID検索→@ayuritakeda

どのメディアよりも一番早く、セミナーなど最新情報をお伝えしています。

 

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。