メニュー

BLOG

2019.09.10 更新

ビジネスで成功するための目標設定の仕方!年収1000万を1年で達成した目標設定の3つのポイント

ビジネスで成功するための目標設定の仕方!年収1000万を1年で達成した目標設定の3つのポイント

起業してビジネスを成功させるための目標設定の仕方をお伝えします。

私はこれまでビジネスを成功させたいと行動を起こしている人と関わってきていますが、この目標設定がぼんやりしている人が多いと感じています。

ここが中途半端になっていると、成功へのスピードが遅くなってしまいます。

 

ただ、起業したばかりのころは、私も目標設定があいまいでした。

「3年後には、だいたいこれくらいの年収になっていたいな」程度の目標の立て方をしていたんですね。

そこから目標設定のコツを学び、たった1年で年収1000万円を達成できるように。

 

本当に実現したい「願望や夢」があるならば、目標設定をしっかり立てることで実現しやすくなります。

 

ビジネスをするときに私が実践した目標設定の仕方

私がビジネスの目標設定の仕方について意識したのは、結果が全く出ていなく途方に暮れていたからです。

しかし、どのように目標設定をすればいいのか、はじめはまったく分かりませんでした。

どれくらいのゴールを目指すべきなのか、基準がまったく見えていなかったんですね。

 

だから私は、まずはじめに自分よりも先に進んでいる人を参考にしました。

成功を目指して行動を起こす人が周りにたくさんいる環境がその頃できていたので、

  • どれくらいの期間で
  • どんな結果を出せるか

このような事例をいくつも見ることができたのです。

基準がだいたい分かってきたため、それをもとに自分の目標設定を決めました。

 

私が起業してから1年目に定めたのは、以下のような目標です。

  1. 初月で結果を出す
  2. 月収100万円
  3. 年収1000万円

この3つの目標を1年で達成しようと決めました。

 

結果から言うと、私はこの目標を1年で達成。

なぜ、目標設定通りにできたのでしょうか?

目標を本当に達成するためのポイントをお伝えしていきますね。

 

 

目標設定のコツ!達成するための3つのポイント

ビジネスにおいては特に「目標設定をして終わり」で済まされません。

1年のはじまりに何か目標を決めたものの、3日坊主になり、そのまま目標設定したことすら忘れて年末を迎えた、という経験をする人は多いかと思います。

ゴールを設定しても、達成できない状態をくり返していては、望んだ現実に到達できないのは当たり前。

 

そうならないために、まずは目標設定のコツとして達成するための3つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 数字をいれて、期間や期限を決める
  2. 短期・中期・長期など3パターンの目標設定をする
  3. 今の自分の目標を軽く超えるゴールを設定しておく

それぞれのポイントについて、より詳しく解説していきます。

 

ポイント1.数字をいれて期間&期限を決める

とくに重要なのが数字をいれること。

例えば数字をいれずに目標設定をした場合、

  • 以前よりも多めにお客様を増やす
  • 少しだけ作業量を減らす

このように具体的な数字がないと、かなり漠然とした目標設定になってしまいます。

また、結果が出た際に反省しようとしても、「多い、少ない」の感覚は人によってバラバラなので、認識がズレる可能性があります。

 

期間や期限を決めておくのも、同じ理由から。

具体的に期間や期限を決めておかないと、目標はぼんやりとしがちです。

「今日は忙しかったし、明日からやればいいや」とズルズル先延ばしになってしまいます。

 

ただ、目標を「1年で月収100万円」と決めた場合、注意すべき点があります。

  • 「どうしたら継続して月収100万円を達成できるか」を考えなくてはいけない
  • そこに至るまでには段階があること

ビジネスをする上で、1回だけ月収100万円を達成できたとしても、あまり意味はないのです。

あくまで継続して売上を伸ばしていくことが求められます。

 

たいていは以下のように、少しずつステップアップしていくのが理想です。

 月収5万 → 月収20万 → 月収50万 → 月収100万

それぞれのステップで、どのような方法で目標を達成するべきか、逆算して行動ベースに落とし込む必要があります。

 

ポイント2.短期・中期・長期など3パターンの目標設定をする

目標設定はひとつではなく、短期・中期・長期など3パターンの目標をもっておくと、より達成しやすくなります。

ちなみに、それぞれの期間の目安として以下のように考えています。

  • 短期:1~3ヶ月
  • 中期:3~6ヵ月
  • 長期:1年

長期でも1年としたのは、3年、5年後など、あまり先のことは不確定要素が多すぎて数値化しにくいというのが理由です。

 

先ほど紹介した私の目標ですが、短期、中期、長期の順番でゴール設定をしています。

  1. 初月で結果を出す(短期)
  2. 月収100万円(中期)
  3. 年収1000万円(長期)

短期を達成したら、次は中期、そして長期目標へと、目指す方向性がつながっているのも分かるかと思います。

 

長期目標を達成するために必要となってくるのが「仕組みづくり」です。

短期、中期の目標達成に向けて頑張るのも大切ですが、長期目標を見据えながら仕組み化を意識していくことが、ビジネスにおいて大切となってきます。

 

ポイント3.今の自分の目標を軽く超えるゴールを設定しておく

目標はなるべく大きく!

想像できる限り最大の設定をしてしまいましょう。

 

目標設定をするときに、あまりにもハードルの低いゴールを設定してしまう人がいます。

例えば「月収20万円」を目標にしてしまうケースをよくみかけます。

でもそれって、今の基準値そのまんまですよね。

仮に「月収20万円」をゴールに設定した場合、たいてい到達点はそれより低くなってしまいます。

つまり「月収13万円」しか稼げなかったという結果になりやすいのです。

 

成功する人の目標設定は、違います。

たとえ会社員で給料が20万円だったとしても、稼ぐ方法が分かっていなくても「月収100万円」というゴールを掲げます。

基準値を一気に上げてしまうんですね。

不思議なことに「月収100万円」を見据えていると、「月収20万円」はすんなりと超えることができます。

ただの通過点、という認識になり、達成するのが当たり前になるからです。

 

目標を大きく設定するべきだと説明してきましたが、単純に実現不可能なゴール設定をしようという話ではありません。

「月収1億円」をゴールに設定しようと考えたときに、その状態がまったくイメージできないようでは、今その目標設定をするタイミングではないということです。

今のあなたの基準値を少し超えた目標設定をしよう、というのが、今回私がお伝えしたかったことです。

 

目標設定をするなら、まずは成功している人のリサーチから

目標設定のコツについてお伝えしてきましたが、3つのポイントを押さえた上で大事なのは、実例を知ることだと思っています。

つまり、成功している人をリサーチしてみるのです。

  • ブログや書籍、YouTubeなどで調べる
  • オンラインサロンなどに参加する
  • セミナーへ行く

あなたの理想を実現させている人をみて、どのような期間で、どれくらいの結果を出しているのかをリサーチし、「できる感覚」を自分に落とし込んでいく。

そうすることで、目標設定の仕方もみえてきますし、達成しやすくなります。

 

私自身、実際にビジネスで成功している人をメンターとして、いろいろ学んできました。

メンターについては、以下の記事にもまとめましたので、ぜひチェックしてくださいね。

参考記事:メンターは必要。ビジネスを始める人はまずメンターを探す方がいい理由!

 

今回の内容について、もっと知りたい方は動画バージョンもご用意しています。

こちらも併せてご覧ください。

 

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

▶︎セミナー情報はこちらをクリックして下さい。

 

▶︎【起業継続講座】起業ビジネスパートナーclassの募集について

ご希望の方は、LINE@にてお問合せください。

 

「最新情報」が欲しい方はフォローしてくださいね。

💎武田あゆりの公式LINE@
URL:https://goo.gl/U3UzUt
LINE@ID検索→@ayuritakeda

どのメディアよりも一番早く、セミナーなど最新情報をお伝えしています。

 

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。