メニュー

BLOG

2019.09.19 更新

個人がブランディングする時代!起業するなら知っておくべきセルフブランディングの基本【ブランディング基礎①】

個人がブランディングする時代!起業するなら知っておくべきセルフブランディングの基本【ブランディング基礎①】

個人が起業するにあたって、ブランディングはとても大事な要素です。

私もセルフブランディングにはこだわってきましたし、コンサル生のみなさんにもブランディングが大事と教えています。

 

SNSなどで情報発信が気軽にできる時代になったからこそ、これからはより個人がブランディングを意識するべきだと思っています。

今回は、ブランディングの基礎を知るためのシリーズ第一弾。

これから起業したい、自分らしい働き方を実現させたいあなたのために、ブランディングの基本や進め方についてお伝えしていきますね。

 

個人がブランディングをするのはなぜ?

実際にブランディングの基本を学ぶ前に、なぜ個人がブランディングをしていくべきなのかを考えておきましょう。

 

前提として押さえておきたいのは、企業と個人がするべきブランディングはまったく方向性が違う、ということ。

例えば、ブランドというと、服やバッグ、家具などがパッと頭に浮かびますよね。

そう、おもに生活必需品ですね。

企業は不特定多数の人に対して、幅広く知ってもらうためにブランディングを行います。

 

でも私たちが起業しようと思い立ったのは、生活必需品を売りたいからではないですよね。

生きていくためには無くても大丈夫だけど、それがあることで人生が豊かに、幸せになるモノやサービスを出していきたい。

そんな想いがあるから起業しようと考えたんですよね。

 

だから、それをお客様に「欲しい」と思ってもらうためにブランディングを行っていくわけです。

つまり「見せ方」を工夫して、豊かさや幸せを感じる瞬間を増やしていくためにブランディングが必要なのです。

 

 

セルフブランディングの基本「自分へ質問をする」

ここからは、セルフブランディングの基本を押さえていきましょう。

私がブランディングで意識しているポイントは「世界でたった一人の私を売り出すこと」です。

 

まずは、自分がどのようなイメージなのかを知るところからスタートします。

自分がどのような存在なのか、俯瞰して客観的にみるのが大事です。

 

やってもらいたいのは、自分への質問をくり返すというところ。

例えば、自分はどんな人なのか、たくさんの質問をしながら分析していきます。

  • 色に例えるなら、どんなイメージ?
  • 性格は優しい? サバサバしたタイプ?
  • 普段はどのような服を選んで着ている?
  • 相談しやすそうなお姉さんタイプ?
  • 応援したくなるような妹タイプ?
  • 真似したくなるような憧れられる存在?
  • どんな風に見られることが多い?

 

できる限り多くの質問をすることで、自分のイメージを固めていきます。

自分に関することなので、もちろん「正解」はありません。

「自分ってこんな人」だと思うものをどんどん書きだしてまとめておくと、後から見返す際に便利です。

 

ブランディングするために人に聞いてみるのもOK

セルフブランディングに慣れないうちは、ひとりで考えていても「自分」がどんな人なのか分からなくなることがあります。

そういう時は、ぜひ友人や家族など、他人に聞いてみましょう。

ブランディングをしていく上で、第三者の視点は大いに参考にすべきだと思っています。

自分では思ってもみなかった特徴がみえてきます。

 

人から見た自分に違和感をおぼえるかもしれませんが、それも「自分」だと、まずは受け入れてみるのが大事。

ブランディングを考える中で、「あなたの理想が混ざった自分」と「他人から見た自分」が微妙に異なっていることがあるからです。

 

例えば、やわらかい話し方をする、かわいらしい雰囲気の女性の友人がいたとします。

その女性の頭の中で「デキる女性はスーツを着て、テキパキ動くべきだ」との思い込みがあり、自分もそうなるべきだと頑張っていたとき。

あなたはどんな風に思いますか?

「うーん、そんなイメージじゃないよね。もっといいところを伸ばした方がいいよ!」

なんてアドバイスしたくなっちゃいませんか?

 

自分へとたくさん質問をしたように、「色に例えると何色だと思う?」など、いろいろ聞いてみるといいですよ。

個人でブランディングをするなら、自分で考えるだけではなく、身近な人の意見を聞くことはとっても大事だと思っています。

 

 

ブランディングする上で大事!「合わないものは出さない」

ブランディングの方向性を決めた後の話になるのですが、あなたのブランディングにそぐわないものは出さない、使わないようにするのが大事です。

 

私の場合、ブランディングとしてベースカラーを「ゴールド」「白」と決めていました。

  • ホームページなどのデザイン
  • 宣材写真のでの洋服
  • 背景

情報発信をしていく上で、ベースカラーを意識しています。

だから、緑やオレンジ、赤などの強い色を使わないように気を付けていたんですね。

(単純にその色があまり好きではない、ということが前提にありましたが笑)

 

セルフブランディングは積み重ねです。

合わないものは出さないだけでも、だんだんあなたらしいイメージになっていくのではないでしょうか。

 

今回は、ブランディングの基礎を知るためのシリーズ第一弾。

続きは、第二弾の記事へどうぞ。

ブランディングするならターゲットを絞り込むのが最優先!

 

今回の内容について、もっと知りたい方は動画バージョンもご用意しています。

こちらも併せてご覧ください。

 

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

▶︎セミナー情報はこちらをクリックして下さい。

 

▶︎【起業継続講座】起業ビジネスパートナーclassの募集について

ご希望の方は、LINE@にてお問合せください。

 

「最新情報」が欲しい方はフォローしてくださいね。

💎武田あゆりの公式LINE@
URL:https://goo.gl/U3UzUt
LINE@ID検索→@ayuritakeda

どのメディアよりも一番早く、セミナーなど最新情報をお伝えしています。

 

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。