メニュー

BLOG

2019.11.12 更新

ビジネスするなら時間管理は当たり前!起業初期に私がした4つの時間管理術

ビジネスするなら時間管理は当たり前!起業初期に私がした4つの時間管理術

ビジネスをする上で、時間管理はとても大切です。

起業初期に私がやっていた4つの時間管理の方法を中心に、時間を作る上で意識するべきことをお伝えしていきますね。

 

今回、時間管理術をテーマにしたきっかけは、私のコンサル生さんからの質問でした。

コンサル生さんたちの多くは、会社員で副業をしながらビジネスを学んでいる女性たちなんですね。

「どうやって時間を作るのがいいですか?」

そう聞かれることが多いので、時間管理の方法やコツについて、こちらでもシェアしていきます。

 

ビジネスをするなら時間管理は必須

ビジネスにおいて、時間管理は学んでおいて損はない分野です。

率先して学び、実践している人が、どんどん結果を出していると感じています。

 

時間を作る方法は、ひとつひとつ、とても些細なことが多いもの。

しかし、それを積み重ねることによって、大きな結果につながっていくのです。

 

  • 起業初期
  • 人生を変えたい
  • もっと理想の自分に近づきたい

このような想いをもって行動を起こしている人にとっては、時間をいかに作るかが大切になってきます。

もっと時間の使い方にシビアな目を向けるべきです。

 

 

とにかく時間を作る!起業初期にやった4つの時間管理術

私は会社員をやめてすぐにウェディングプランナーとして独立しました。

でも、起業初期はあまり収入がなく、アルバイトをして生活費を確保していた時期があります。

 

会社員が副業をするという状況とは少し異なりますが、ふたつの仕事を兼業していて、時間を作る必要性があったことは同じ。

その当時にやっていた4つの時間管理術について、お伝えしていきますね。

 

時間管理術1.テレビをつけない

テレビをつけない、というのが私がやった時間管理術の一つ目です。

起業する際に、秋田から東京へ出てきてひとり暮らしをはじめていたのですが、家に帰るとテレビをつける習慣がついてしまっていました。

いつの間にか、一日がんばったからと、テレビを見てゆっくりと過ごすようになっていたんですね。

一度テレビをつけてしまえば、ダラダラと見続けてしまって、あっという間に時間が過ぎてしまうことが多くて。

 

いきなりテレビをやめるのではなく、

  1. ドラマをやめる
  2. 朝と夜のニュースだけを見る
  3. 朝だけニュースを見る

このように、段階的にテレビを見る習慣をなくしていきました。

 

テレビをつけないこと以外にも、家にデスクを用意して、帰宅後も作業がしやすい環境を整えるなどの工夫をしましたね。

今ではテレビに時間を使うことがなくなり、その分いろんな作業が進められるようになっています。

 

時間管理術2.自炊をやめた

自炊をするのをスッパリやめた、というのが私がやった時間管理術の二つ目です。

料理をするのって、思っている以上に時間がかかることに気付いたんですね。

  • 毎食分の献立を考える
  • 買い物に行く
  • 調理する
  • 片づける
  • 冷蔵庫内の在庫管理

ちゃんとやろうとすると、延々と時間を使ってしまうことになってしまいます。

 

起業当初の私には、料理に使う時間がもったいなくて。

自炊はやめよう、とあっさり決めてしまいました。

 

そのため、食事はほぼ外食のみ。

ただ、仕事仲間との交流の場として捉えることで、食事の時間すらもビジネスのために使えて、私にとってはメリットが多かったように思います。

 

時間管理術3.飲み会を断る

起業初期のころはアルバイトをしていたので、そこで誘われた飲み会を断る、というのが私がやった時間管理術の三つ目です。

飲み会に行っている時間があるのでしたら、自分のやりたいことに使った方が有意義だと感じています。

起業するなどビジネスをやっていきたいならば、会社の同僚との飲み会よりも、すでに事業をやっている人と交流を深める場に出かける方が自己投資につながります。

 

私の場合、事業をやっていることを周囲に話していたため、飲み会を断り続けていても理解してもらいやすかったですね。

 

もし会社員として働き続ける予定の人は、飲み会を断り続けるのはハードルが高いと思ってしまうかもしれません。

そういうときには、マイルールを決めておく方法もあります。

  • 二次会には参加しない
  • 1時間のみで帰る
  • 飲み会に誘われたら、3回に1回のみ参加する

一定のルールを決めて実践していくことで、「飲み会にはあまり参加しない人」だと認識されるようになります。

 

また、この機会に「トラブルになりにくい断り方」を学ぶなど、コミュニケーションの取り方について知るのもいい経験につながると思います。

 

時間管理術4.職場の近くに住む

通うべき職場がある場合は、その近くに住む、というのが私がやった時間管理術の四つ目です。

通勤時間はなるべく短縮して、そのぶん、自由に使える時間を確保しておくことが大切です。

 

秋田から上京してきた当時、東京のはじの方に住んでいたんですね。

都心に出るには2時間もかかるようなところで、満員電車にゆられて毎日往復4時間も通勤にかけていました。

 

電車の中では全く作業もできず、無駄だと感じていたため、思い切って引っ越しを決意。

都心に住むようになってからは、通勤時間が短縮された以外にも、様々なメリットを感じられるようになりました。

  • ビジネスで成功している人に会う機会が増えた
  • 都心の雰囲気、街や人々の変化を、直接肌で感じられるようになった
  • 満員電車に乗るストレスが無くなった

もちろん都心で暮らすことで家賃が高くなってしまいましたが、それ以上の価値が得られています。

 

引っ越した後に気付いたのですが、私、満員電車に乗ることが本当にイヤだったんですね。

何日も続けて満員電車に乗ると体調が悪くなってしまうくらい。

女性はとくに満員電車を避けたい人が多いのではないでしょうか。

時間を作る目的以外にも、自分をなるべくイヤな目にあわせない、という意味でも、職場の近くに住むことをオススメします。

 

 

自分に合った時間管理を見つけるコツ!まずは試してみること

今回、私がやってきた時間管理術についてお伝えしてきましたが、取り組めそうなものは見つかったでしょうか?

 

時間の使い方は人それぞれなので、合う合わないがあるかと思います。

もしやってみて、合わないのであれば無理をして続ける必要はありません。

 

とりあえずやってみる。

時間管理に限らず、ビジネスにおいてもこの考え方が大事だと考えています。

 

4つの時間管理術について紹介しましたが、私は他にもいろいろな時間の使い方を実践してきました。

もっと聞いてみたいという方は、ぜひLINEやメルマガに登録して、そこから質問を送ってみてくださいね。

また、YouTubeやブログで回答していこうと思います。

 

今回の内容について、もっと知りたい方は動画バージョンもご用意しています。

こちらも併せてご覧ください。

 

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

▶︎セミナー情報はこちらをクリックして下さい。

 

▶︎【起業継続講座】起業ビジネスパートナーclassの募集について

ご希望の方は、LINE@にてお問合せください。

 

「最新情報」が欲しい方はフォローしてくださいね。

💎武田あゆりの公式LINE@
URL:https://goo.gl/U3UzUt
LINE@ID検索→@ayuritakeda

どのメディアよりも一番早く、セミナーなど最新情報をお伝えしています。

 

 

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。