メニュー

BLOG

2019.12.03 更新

決断できない人こそ「すぐ決断」を意識して!決断力を磨いて人生を変える

決断できない人こそ「すぐ決断」を意識して!決断力を磨いて人生を変える

決断ができない、なかなか決断する勇気がもてない。

そう悩んでいる人をよく見かけます。

 

結論から言うと、決断するのはできるだけはやい方がいいです。

すぐに決断せずに先延ばしをしていても、結局なにもやらないことになりかねないから。

 

決断力は人生を良くするために、率先して身につけておくべきスキルだと思っています。

今回は、決断できない人の心理を含め、決断力の磨き方、後悔しないためのヒントについてお伝えしていきますね。

 

決断できない人の心理とは?

決断できないと悩んでいる人の多くが、自分の性格のせいだと思い込んでいるところがあります。

しかし、原因はそれだけではないんですね。

 

決断できないのは、選択肢が多すぎて迷いやすくなっているから、というケースもあります。

 

例えば、あるデパートでジャムの試食販売を行っていたとします。

  1. ジャムの味が24種類ある売り場
  2. ジャムの味が4種類のみの売り場

試食コーナーに集まってきた人のうち、実際に試食をしたのは

  1. 24種類:60%
  2. 4種類:40%

 

ここからが興味深いところなのですが、ジャムを購入するに至った人の割合は

  1. 24種類:3%
  2. 4種類:30%

このような差ができてしまったんですね。

 

選ぶ種類が多ければ多いほど、お客様に自由に選んでもらえると思いがちですが、選ぶ種類が限定されていた方が選びやすかったというわけです。

私たちは、選択肢が多いとそれだけで頭を使ってしまい、考えることに疲れてしまいます。

 

これは、私たちの日常の中でもよくみられる現象です。

やるべきことが山のように積み上がっていたら、いっそやらなくてもいいか、と思ってしまう瞬間ってあるかと思います。

考えなくちゃいけないことが大量にあるときは、頭の中のエネルギー切れになっちゃうんですね。

 

だから、決断をしたいときには、選択肢を少なくしてみましょう。

そうすると、行動に移す上での心理的なハードルを下げる効果がありますよ。

 

 

人生において決断力が大事!でも決断できないとどうなる?

決断力というスキルを伸ばしていった方がいいとお話してきましたが、「決断」をしないとどうなるのでしょうか。

  1. すぐ決断できず「どうしようかな」と頭の中で迷っている状態
  2. 先延ばししてしまう
  3. 結局やらない

たいていは、この流れにいきついてしまいます。

やらない、行動しないということは、今の状態から何も変わらないことになりかねません。

 

でも、このブログを読んでいるあなたは、こう思っているはずです。

  • もっと変わりたい
  • 成長したい
  • 今よりも多く稼ぎたい

向上心があり、現状のままなんて望んでいないですよね。

 

決断するということは、なにかを「やってみる」と決めることです。

もちろん、やってみて失敗する可能性もあります。

でも、失敗した経験を成功へとつなげようとするのが、私たち人間です。

だから大切なのは、まず「やってみる」というスタートラインに立つことなんですね。

 

決断できないなら「やるしかない状況」をつくるといい

決断力をつけるには、まずやってみることが先だとお伝えしました。

「でも、それがなかなかうまくいかないんです…」

こんな声が聞こえてきそうですね。

 

私は、そういう時は「やるしかない状況」に飛び込むのがいいと思っています。

つまり、それをやらなきゃいけない環境をつくりだすということ。

 

私が過去にやってきた例をお話すると

  • 起業するために、故郷の秋田から東京へ出てきた
  • 起業1年目は思うように稼げず、アルバイトをしながら生計を立てた
  • 起業2年目、本業の時間が足りないと感じて、アルバイトをやめた

自分に対して、厳しい環境をつくってきました。

ギリギリの生活だったときもありましたが、そのおかげで「やるしかない」と頑張ることができたのです。

 

 

 

どうしても決断できないときは「なぜ?」を考えてみる

やるしかない環境をつくりながら決断力を磨いてきた私ですが、目標に向かって「やらなくちゃ、やらなくちゃ」と自分を追い立てていただけではありませんでした。

 

「もともと私はどうなりたかったんだっけ?」

「結局、私は何をやりたかったんだろう?」

そう自分に問いかけていました。

 

例えば、アルバイトをして生計を立てていた時期がありましたが、ある時にハッと気づいたのが「私はアルバイトをしたくて会社をやめたわけではない」ということでした。

毎日のいそがしさに流されて、自分で事業をやって成長していきたいという想いを先延ばしにしていたんです。

 

アルバイトをやめてからは生活が苦しくなったのですが、なんとかビジネスに集中することで、その状況から抜け出すことができました。

今ではその時に思い描いていたように、事業をいくつもまわしていけるようになりました。

 

  • 勢いで上京してきたこと
  • アルバイトに時間を取られ、本業のペースが落ちたこと
  • 生活が苦しくなるのにアルバイトをやめたこと

これらは「失敗」だと言われてしまうかもしれません。

 

でも、私にとってはいい経験だった、と言えます。

やろうと決断したからこそ、失敗を乗り越え、成功へとたどり着いたのですから。

 

成功までは、誰しも多少時間がかかるものです。

だからこそ、決断するときはなるべくはやく判断して、行動に移すことが大切。

やってみることで得られる失敗もすべて経験に変えて、どんどん成功する人が増えるといいと私は思っています。

 

今回の内容について、もっと知りたい方は動画バージョンもご用意しています。

こちらも併せてご覧ください。

 

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

▶︎セミナー情報はこちらをクリックして下さい。

 

▶︎【起業継続講座】起業ビジネスパートナーclassの募集について

ご希望の方は、LINE@にてお問合せください。

 

「最新情報」が欲しい方はフォローしてくださいね。

💎武田あゆりの公式LINE@
URL:https://goo.gl/U3UzUt
LINE@ID検索→@ayuritakeda

どのメディアよりも一番早く、セミナーなど最新情報をお伝えしています。

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。