メニュー

BLOG

2020.01.02 更新

サラリーマンと経営者の違い!人生を自分で決めたいならスグに読むべき!

サラリーマンと経営者の違い!人生を自分で決めたいならスグに読むべき!

サラリーマンと経営者の違いについてお伝えしますね。

この考え方を知っていることで、人生の質も変わってきます。

 

私は現在、経営者として事業をいくつも回しています。

YouTubeチャンネルなどでも、以前は月収12万円のOLだったという話をよくするからか

「どうしてサラリーマンから経営者へと変わったんですか?」

という質問をよくいただきます。

 

私が経営者としての生き方を選んだ理由。

それは単純に、自分の人生を自分で決めたかったから。

 

人生を過ごしていく上で

  • 消費する側
  • 提供する側

どちらを選びたいかと考えた時に、私は提供する側でいたいと感じたのです。

そちらの方が幸せな生き方ができる、と。

 

その想いに忠実に、サラリーマンから経営者へと立場を変えていったわけです。

今回はその実体験から得られたことも含め、サラリーマンと経営者の考え方の違いについてシェアしていきますね。

 

 

サラリーマンと経営者の違い!そもそも思考がまったく違う

サラリーマンと経営者の違いについて、冒頭でも軽くふれましたが、大きく考え方や思考、視点が異なります。

この差はすぐに埋まるようなものではありません。

私も経営者の思考に慣れるまで、時間がかかりました。

 

ただ、少しずつ学んだり意識したりしていくことで、考え方を書きかえることは可能です。

まずは具体的にどういった違いがあるのかについてチェックしておきましょう。

 

サラリーマンの思考

サラリーマンなどの「消費者」の思考は、かなり受動的なものです。

  • 〜してくれない
  • 〜のせいで
  • 指示がないと動けない

以上のように与えられることを待つ、という思考になりがちです。

 

日本の学校教育は、受動的な部分がまだまだ多いです。

小、中、高校、大学、そして就職へと、レールの上を歩ませるような流れができあがっています。

このように受け身で学んできたことで、サラリーマン思考になっていくのは必然。

 

サラリーマン思考にどっぷりとつかっていった結果、

  • 学校
  • 会社

誰かが決めたことに「良い」「悪い」を判断して選んでいくことに慣れていってしまいます。

決められたものや、正解だと言われているものを選ぶ形になっていくのです。

 

もちろん消費者思考から抜け出すことはできます。

ただし自分自身に判断をする能力がないことに、向き合いたくない、気付きたくないという心理を克服することが必要となってきます。

 

経営者の思考

経営者などの「提供者」の思考は、かなり能動的なものです。

  • ~のために
  • ~に喜んでもらうには?
  • 自分の軸をもって動ける

以上のように相手に与えるために何ができるか、という思考をしています。

 

経営者思考ができる人は、どちらかといえば少数派。

誠意をもってお客様に商品やサービスを提供する姿勢をもっています。

 

ただ、起業したからといってすぐに身につくわけではないのが経営者思考です。

最近では、好きなことで起業をしようという流れがおきていますが、ビジネスとしてやっていけるかどうかの見極めができていないケースも多いもの。

サラリーマン思考のまま起業にチャレンジして、失敗してしまう人もじつは多いのです。

 

失敗することで、思っているのとは違った、起業が向いていない、やっぱりビジネスができないなどと思い込んでしまう人も。

でも単純に、消費者思考から抜け出せていないということが原因なんですね。

経営者の考え方や思考に切り替えていくだけで、ビジネスで結果を出すことだって可能なのです。

 

サラリーマンから経営者になったのはなぜか

私自身、経営者になりたかったのは、自分の人生を自分で決めたかったからです。

その生き方をしていった方が、幸せになれると純粋に感じたんですね。

 

だから、月収12万円のサラリーマンから抜け出して、フリーランスとして独立し、経営者への道をたどっていくことができました。

私がどのように進んできたかというと、成功者から学ぶ環境に身を置いたことがはじまりでした。

でも、それをする前にできることがあります。

それは、これからなりたい自分に対してのイメージを固めておくことです。

 

自分の人生を決める立場になるための方法

私のように経営者として生きていくためには、自分のなりたいイメージをしっかりと持つことが大切。

 

もし、それができているのであれば、さらにリアルになるように起業の準備を進めるといいですね。

 

もし、それができていないのであれば、より具体的に提供側(経営者)としてのイメージが描いてみましょう。

イメージすらできないという場合は、まだまだ情報が不足している証拠。

本や動画をはじめ、お手本となるような人から学ぶなど、リサーチをすることで、経営者の在り方を知っていくことです。

 

経営者の人生 vs 雇われる側の人生 その違いとは?

経営者としての思考をもっているのか、サラリーマンとしての生き方を選ぶのか。

選ぶのは、あなた自身です。

 

  • 与えていく(経営者の思考)
  • 与えてもらう(サラリーマンの思考)

あなたにとって、どちらが心地よいと感じる生き方でしょうか?

 

経営者の人生を選んだ場合。

「喜んでもらうにはどうしたらいいか?」を考える日々。

そして、お客様から「ありがとう!」と感謝してもらえる日々。

 

サラリーマンの人生を選んだ場合。

「どうしたらもっと認めてもらえるのか?」を考える日々。

そして、上司や同僚、家族から「ありがとう!」と感謝してもらいたいと願う日々。

 

どんな日々だと、幸せになれるでしょうか。

 

私は、誰でも自分の人生の経営者になれると思っています。

 

あなたも、私と一緒に経営者側の生き方をしてみませんか?

興味がある方は「メルマガサロン」をぜひ読んでみてくださいね。

 

今回の内容について、もっと知りたい方は動画バージョンもご用意しています。

こちらも併せてご覧ください。

 

 

武田あゆりの秘密がわかる「メルマガサロン」

武田あゆりのセミナーなど、優先案内をご希望される場合は、こちらからどうぞ!

ビジネス論やプライベート情報を、シークレットでお届けします。

 

メルマガサロンは無料で参加できます!

 

自分らしく、幸せと豊かさを手に入れて、自由な働き方や生き方を一緒に叶えていきましょう。

 

ご登録は、こちらから↓↓↓

定期的に情報をチェックしたい方はLINE登録も

武田あゆりのLINE公式アカウント

見逃しがちなセミナー情報など、定期的に武田あゆりの動きを知ることができます。

 

LINE公式アカウントのID検索は、こちらです。

@ayuritakeda

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。