メニュー

BLOG

2020.01.14 更新

自分らしい働き方って?自分らしい生き方を実践したリアルな事例

自分らしい働き方って?自分らしい生き方を実践したリアルな事例

自分らしい働き方に正解はありません。

私自身、会社員から独立してフリーランスとして起業するなんて、まったく考えていませんでした。

 

自分らしい生き方ってなに?

自分らしいキャリアの作り方はどうしたらいいの?

自分らしい仕事とは?

 

自分らしくとはどんなものなのか、悩んだり迷ったりしている女性にぜひ私のやってきた方法について知ってもらいたいと思います。

これまでになかった視点が得られて、新しい可能性が開けてきますよ。

 

今回の内容は、以下の動画でも確認できます。

テキストで見たい場合は、そのまま下へ読み進めていってくださいね。

 

 

自分らしい働き方は、自分で選び取ってきた

自分らしく働くとは、どんな仕事の仕方をすればいいのか考えてしまいますよね。

フリーランスや起業することが成功なのか、との疑問をもつことがあるかもしれません。

 

私は今、経営者として事業をいくつももっていますが、そもそも起業したいと思って行動をしていたわけではないんです。

それに起業したから成功者、という考え方をしているわけではありません。

 

以前ツイッターでこのような投稿をしました。

 

 

大事なのは、自分らしい生き方を選択しているかどうか。

私自身「どう生きたいか」という想いに耳を傾けながら仕事を選び取ってきました。

その結果がフリーランスであり、起業だっただけ。

 

例えば、正社員が自分らしい仕事だと感じるのならば、それはそれで問題ないのです。

自分らしい働き方に、正解なんてないんです。

自分のやりたいことに、ちゃんと向き合っているかどうかが大切なだけ。

とくに女性は人生において、働き方が大きく変わりやすいところがありますので、なおさら自分らしい働き方を意識しておいてほしいと思っています。

 

 

自分らしいキャリアの作り方「肩書は関係ない」

女性が社会に進出するようになって、キャリアの作り方について悩む人も出てきています。

  • 結婚
  • 出産
  • 子育て
  • 家族の介護
  • 女性の社会的地位の低さ

これらの環境によって、思い通りの仕事ができていないと感じている女性もいるのではないでしょうか。

順調にキャリアを積んで、ステップアップしたいのに、うまくいかない、って。

 

そんな風に悩んでいる女性たちに向けて私が言いたいのは「肩書は関係ない」ということ。

自分らしいキャリアの作り方をしていけばいいと実感しています。

 

私のところへお問い合わせをいただく女性たちの肩書は本当に多彩です。

  • 主婦
  • シングルマザー
  • 正社員
  • アルバイト・パート
  • フリーランス

彼女たちによく言っているのが「私らしい生き方はこうだ、と言えるような選択を毎日していますか?」ということ。

 

これまでと同じ選択をするのか、これまで考えもしなかった選択肢をとるのか。

日々の選択ひとつひとつの積み重ねが、自分らしい働き方へとつながっていくのです。

そこを意識することこそが、自分らしいキャリアの作り方だと思っています。

 

自分らしい人生を送りたいのに行動できない人へ

日々の選択が自分らしい働き方につながると言いましたが、頭では分かっていても行動できない人へアドバイスをお伝えします。

「こうしなければ」

「こうするべき」

そうやって自分を追い詰めるのではなく、まずは「しない」方向で考えてみることです。

 

1.嫌なことをしない

程度の差はあるでしょうが、嫌だと感じることっていろいろありますよね。

 

じつは私は薬学系の大学を中退しています。

なぜ途中でやめたのかというと、これ以上進みたくないなと感じたから。

私にとって自分の心に嘘をつくのが「嫌なこと」だったわけです。

 

嫌なことをしない。

こういう選択肢があることをぜひ覚えていてほしいのです。

 

もちろん、私自身も大学を中退するとは思ってもいませんでしたし、教授を含め周囲の人たちから説得をされました。

でも当時の私は、自分の選んだ道を進みたいとの想いを優先させ、大学を中退するという決断を下したのです。

そうして、ウェディング業界へと飛び込んだのでした。

 

嫌なことをしないというのは自分勝手にみえる時もあるかもしれません。

でも、自分の心に嘘をつき続けるのは、自分らしい生き方ではないと私は思っています。

 

2.他人に好かれなくてもいい

他人の目を気にしすぎる必要はない、ということも大事なポイントです。

 

私はもともと人に嫌われたくないタイプでした。

ウェディング業界に入った後に、仕事ができないと嫌われてしまうと思い込んでいた時期があり、ひたすら雑用をやってしまっていたときがありました。

他人の目を気にして、誰にでもできる雑務をもくもくとこなしていた日々。

会社員として結婚式場に勤めていたからこそ、まわりの目を意識しすぎて自分らしい働き方ができていなかったのです。

 

他人に好かれなくてもいい。

すべての人に好かれなくちゃいけない、と自分を追い詰めなくてもいいのです。

どんなに好感度が高い人でも、その人を嫌いな人は必ずいます。

 

そして私の場合、会社員として働いている限りずっと他人の目を気にする働きかたになってしまう可能性がありました。

もっと自分らしい働き方をしたいと考えていて、出した答えが「独立」でした。

他人に好かれなくてもいいと思ったからこそ、会社員として3年ほど勤めていた環境から抜け出せたのです。

 

自分らしい働き方を得るためには小さな成功体験が大切

自分らしい働き方について、新しい可能性がみえてきましたか?

  • 自分らしい働き方
  • 自分らしい暮らし
  • 自分らしい生き方

もしかしたら、あなたの中で理想がどんどん膨らんでいっているのではないでしょうか。

 

でもそれと同時に、目指すゴールがとてつもなく遠く感じられているかもしれません。

 

自分らしい働き方を叶える上で大切なのは、いきなり大きな結果を出そうとしないこと。

目標は大きければ大きいほど、時間がかかります。

まずは、小さな成功体験を積み重ねる方に意識を向けていくことをオススメします。

 

私も今の状態になるまでに、小さな成功体験をいくつもいくつも重ねてきました。

自分がやれることから、とにかく小さな一歩を出し続けてきたのです。

私がコンサルティングをしている女性たちにも、小さな成功体験ができるチャンスをたくさん提示しています。

 

小さな「できた!」を増やしていけば、自然と自分らしい働き方につながっていきます。

私のやってきた事例が、あなたのこれからの「自分らしい生き方」のヒントになると幸いです。

 

私の「メルマガサロン」では、直近の小さな成功体験をシェアすることもよくあります。

一緒に成長していきたいと感じた方は、ぜひメルマガサロンに登録しておいてくださいね。

 

武田あゆりの秘密がわかる「メルマガサロン」

武田あゆりのセミナーなど、優先案内をご希望される場合は、こちらからどうぞ!

ビジネス論やプライベート情報を、シークレットでお届けします。

 

メルマガサロンは無料で参加できます!

 

自分らしく、幸せと豊かさを手に入れて、自由な働き方や生き方を一緒に叶えていきましょう。

 

ご登録は、こちらから↓↓↓

定期的に情報をチェックしたい方はLINE登録も

武田あゆりのLINE公式アカウント

見逃しがちなセミナー情報など、定期的に武田あゆりの動きを知ることができます。

 

LINE公式アカウントのID検索は、こちらです。

@ayuritakeda

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。