メニュー

BLOG

2020.02.04 更新

起業でうまくいかないときの心得。ハードルを無駄に高くするのはやめよう

起業でうまくいかないときの心得。ハードルを無駄に高くするのはやめよう

起業でうまくいかないことはたくさんあります。

私自身も数多くの失敗をしてきましたし、悩んだり迷ったりしたことがいろいろありました。

 

「自分のレベルが低すぎるから、うまくいかないんだ。もうダメなんだ」

起業してうまくいかないとき、そう思ってしまいがちです。

でもそれは、起業した初期の段階で誰もがぶつかる壁、というだけ。

その壁をなんとか乗り越えていけた人が、結果を出していくのです。

 

大切なのは、ハードルを高くし過ぎないこと。

私が実際にやったワークも併せてシェアしますね。

 

今回の内容は、以下の動画でも確認できます。

テキストで見たい場合は、そのまま下へ読み進めていってくださいね。

 

 

起業でうまくいかないことは当たり前

会社員から脱サラして、起業をする方は多いですよね。

いざビジネスを1からスタートさせようとしたときに、自分より先を歩いている人について調べる機会があるかと思います。

  • ホームページやブログ
  • YouTubeやSNS
  • セミナーや実際に会うなど

いろいろチェックしてみると、今の自分との差がハッキリわかってしまうわけです。

現状のレベルの低さに気付いて、ガックリしてしまうことも。

 

でも、起業でうまくいかないことは当たり前なのです。

はじめから何でもできて、なにも失敗せずに成功している事例はほとんどありません。

 

じつは私もそうでした。

お客様に対して、まだまだサービスを提供できるレベルではないと感じてしまっていた時期がありました。

完ぺきな状態になるまで、誰にも見せられないと思っていたことも。

 

例えば、起業した当初はホームページを自分で制作していたのですが、ずっと非公開のままにしていました。

ちゃんとした水準に達するまで、お客様に見せるわけにはいかない、と本気で考えていたんですね。

たまに他の人のホームページと見比べては、「まだまだダメだ」と。

そんな風に半年以上、ずっとホームページを公開しないままだったのです。

 

私が当時の自分にアドバイスするなら

「さっさと公開して!」

と言いたいところですね。

 

私はホームページに対して、完ぺきであるかどうかにこだわっていました。

  • デザインなどの見た目
  • 文章などの発信力
  • 内容などの充実度

でも、そういったものは起業初期であればあるほど気にされない部分なんですよね。

見る人もほとんどいないのに、そこにばかり時間を使うべきじゃないと思っています。

 

未熟でもいいから、どんどん公開して発信していくのが先です。

だって、公開していないということは、誰にも何も伝えられていないということだから。

地道にコツコツ頑張っていたとしても、あなたの商品やサービスについて誰も知らなければ、仕事はきません。

発信していなければ、あなたの商品やサービスは存在しないのと同じことなのです。

 

はじめは何事もうまくいかないもの。

小さな行動の積み重ねが「できる!」状態につながっていくのです。

 

起業してうまくいかないときはハードルを下げてみて

「口動」よりも「行動」をすることが大切です。

つまり、口で「やります!」と言っているだけではなく、実際に動くことを増やすべき。

 

よくある例として、

  • 「頑張ってブログを毎日3記事書きます!」
  • 「毎日インスタに投稿します!」
  • 「アウトプット動画を毎月10件つくります!」

このような宣言をよく聞くのですが、口で言っているだけになっちゃう人が意外と多いんですね。

 

宣言したことをできなかったからダメだと言うつもりはありません。

むしろ、いかにできることを増やしていくかが重要だと思っています。

できなかったと諦めてしまうのではなく、いかにうまくいく方法を探すことができるかどうかが分かれ目となります。

 

ブログを3記事書くのがハードルが高ければ、まずはブログに取り組むという目標に変えてみる。

毎日インスタへ投稿するのが難しいのであれば、週3日の投稿にチャレンジする。

アウトプット動画を毎月10件が大変だったと分かったのならば、毎月5件に減らしてみる。

「口動」になってしまっていたと気付いたなら、「行動」していくためにまずはハードルを下げてみるのもひとつの手です。

 

もし改善のアイディアが思い浮かばない場合は、

  • うまくいっている人をリサーチ
  • その道のプロから学ぶ

このような方法もあります。

 

できるできないは問題ではありません。

起業するなら、まずやってみて、うまくいかないならどうすればいいかを考える。

このくり返しをやれるかどうかが大切なポイントなのです。

 

比べるのは過去の自分と

まずはやってみることが大事なのですが、どうしても誰かと比べてしまう人もいるかもしれませんね。

私もよくリサーチをする際に他人と比較することがよくあります。

自分との差を感じて、そこから学ぶことも多いのですが、必要以上に比べないようにしています。

 

本当に比べるべきなのは、過去の自分だから。

他人のスゴイところばかりを見るのではなく、自分がどれだけ成長しているかに目を向けるべきです。

 

例えば、SNSで過去にしていた発信をみたときに未熟さを感じるならば、それだけ今のあなたは成長しているということです。

今だったらもっと違う伝え方ができると思えば、過去の発信を修正してしまってもかまいません。

  • ブログならば、記事の更新
  • インスタならば、投稿を消すなど

私はたまに必要のなさそうな過去の投稿を整理して、より今の自分らしい状態にアップデートしています。

発信内容を整理することで、自分の方向性を再確認することもあります。

 

また、過去ばかりではなく「これからどうなっていきたいか」という未来にも視野を広げるといいと思っています。

やみくもに頑張るのではなく、目指すところはどこなのかをハッキリさせておいた方が行動も起こしやすくなるからです。

そのあたりを「見える化」できるワークについてご紹介しておきますね。

 

【ワーク】自分がどうなっていきたいかを知る

まず、紙とペンを用意します。

そして用紙の真ん中に1本のタテ線を引きます。

 

左側:今の現状

右側:未来のなりたい状態

これを箇条書きにして書きこんでいきます。

 

書いた後はそれをながめて、今の自分が何を変えていくべきなのかを考えてみるのです。

  • 環境
  • 時間の使い方
  • 人とのつながり

そこで少しずつ変えるべき部分が何かについて見えてくるはずです。

 

自分は本当はどうなっていきたいのかについてイメージをふくらませながら、ワークに取り組んでみてくださいね。

 

完ぺきを目指すより自分らしさにフォーカスする

私は、あなたがワークで書きこんだ「未来のなりたい状態」に必ずなれると信じています。

だからこそ、完ぺきを目指してハードルを高くするのではなく、思いっきりハードルを低くしてもかまわないので行動をたくさん起こしていくことをオススメしています。

小さな一歩でも、くり返していけば長い距離を進むことができます。

 

起業をする場合、あなたとまったく同じ条件でビジネスをする人はいません。

  • 選んだ職種
  • 人脈
  • 環境
  • タイミング
  • 目標

様々な要因が関わってくるため、他人と比較することは本当に無意味。

 

なりたい未来は人それぞれ。

自分の心が望んでいるものにちゃんとフォーカスすることが大事です。

 

起業でうまくいかないと感じたときは、ぜひ何度もこの記事や動画をくり返し見てみてくださいね。

 

武田あゆりの秘密がわかる「メルマガサロン」

武田あゆりのセミナーなど、優先案内をご希望される場合は、こちらからどうぞ!

ビジネス論やプライベート情報を、シークレットでお届けします。

 

メルマガサロンは無料で参加できます!

 

自分らしく、幸せと豊かさを手に入れて、自由な働き方や生き方を一緒に叶えていきましょう。

 

ご登録は、こちらから↓↓↓

定期的に情報をチェックしたい方はLINE登録も

武田あゆりのLINE公式アカウント

見逃しがちなセミナー情報など、定期的に武田あゆりの動きを知ることができます。

 

LINE公式アカウントのID検索は、こちらです。

@ayuritakeda

 

女性起業セミナー「武田あゆり主催」開催情報

 

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。