メニュー

BLOG

2019.06.25 更新

【生産性を上げる】ために、起業家の習慣5つのポイントコピー

武田あゆりです。

 

女性が起業して、成功する人と成功しない人がいます。

生まれ持った才能や、運、人脈、努力。

いろんな要素が思い浮かぶと思います。

 

今日は、

起業独立していきたい!って場合に、

具体的にどうしたらいいのかが分かると思います。

 

 

 

 

 

 

 

法人化、個人事業主、屋号

 

仕事の成果を上げる為の重要なポイントの1つとして

「時間の使い方」があげられます。

 

 

成果をどんどん上げる生徒は例外なく「時間の使い方」が上手。

 

逆に成果が上がらないと嘆くのであれば、時間の使い方を見返して欲しい。

 

 

 

 

 

1、最初に「屋号」を決めました。

 

「1日が48時間あればいいのに・・・」

そう感じていても、時間は皆平等で有限です。

 

 

多くの場合は、(正しく)優先順位をつけられていない。

 

そんなことはない、

と思うかもしれないけど事実です。

 

 

それはなぜか、

 

優先順位を決めた時に、

「優先順位の低い仕事」も結局「やる」からです。

 

つまりは、生産性が上がらない。

 

 

答えは簡単で、

正しく優先順位を決めることに加え、

 

「やらないことを決める」

 

そして

 

「その仕事をやらない」

 

それだけ。

 

人・モノ・お金・時間は「有限」だから。

 

 

2、「個人」か「法人」か

 

最初は「個人」で始める人が多いのですが、

様々な理由で「法人」を選ぶ場合もあります。

 

個人で事業を始める場合の呼び名は、

「個人事業主」

 

正確には、税務署に開業届をしっかりと提出した人が

個人事業主です。

 

 

次に「法人化」ですが、

 

「法人」とはいわゆる株式会社やNPO法人、社団法人といった組織の総称。

 

 

8対2の法則(パレートの法則)は知っている方も多いと思う。

人材育成などにも当てはまりますね。

 

いろんな事柄に使えますが、

 

例えば、ある仕事の80%を達成するのにかかった時間は、

最終的にかかった時間の20%にすぎないということ。

 

 

この法則に、

納得するタイプは仕事の効率が5倍になります。

 

逆に、反対するタイプは

「仕事は100%の成果を追いかけるもの」

と主張し、結果何も変わらない。

 

 

なんども伝えますね!

 

時間は有限です。

 

ちなみに、さっきの例での答えは、

成果が80%(時間は20%)で上司に確認すれば良いのです。

 

 

3、法人へ移行した理由

 

法人化のタイミングは人それぞれ。

 

「信用力」が必要になったから、という理由です。

 

 

例えば、人材派遣や人材紹介といったビジネスだと、

取引相手が大企業になる可能性が高く、

「個人の武田あゆり」よりも法人の方が信用を得やすいというのはお分かりでしょう。

 

場合によっては、取引先が大企業で、

 

「うちは、会社じゃナイト取引できません」と言われることもある。

 

 

 

 

 

例えば、方法論がA、B、Cと3つあるとする。

条件を絞れば答えはおのずとAになる。

もしくは成功者がA、と答えをくれている。

 

なのに、ここまで答えが出た上で人は悩み出す。

悩むポイントは以下2つ。

 

①他に良い方法はないのか?

②本当にAで良いのか?

 

真面目な人ほど、一生懸命に悩み出す。

一生懸命になるのはそこじゃない!

 

全体像が見えてないというか、視野が狭いというか

言葉を選ばずにいうと、

 

「時間の無駄」になる。

 

 

4、法人化はどうすればできる?

 

法人にするか、しないかは

「会社設立後の税務」を知った上で

「法人を設立した方がいいか?」を考えましょう。

 

 

法人設立に必要な手続きは簡潔に言うと、

 

・事務所がある地域で、決められた機関に行き、

・決められた書類を提出し、

・承認を得る

 

といった流れです。

 

 

①同じような会社名が内科を調査

②株式会社の「印鑑」作成

③定款(会社名、事業内容、株式数、株主等を記す書類)を作成

④会社本店のある地域の所轄「公証人役場」で、定款の認証を受ける

⑤金融機関で、「出資金(資本金になるもの)」の払込み

⑥会社本店のある地域の所轄「法務局」で、「設立登録申請書」を提出、審査

⑦後日、指定された日に会社設立が完了。

その後、税務署、都道府県事務所等に各種書類を程出

 

 

最短で1週間〜10日

ここに、少しの工夫をすることで

生産性向上になる。

 

それは、

 

⑤リストの各項目に対して、想定時間を決め記入

⑥そして、スケジュールに組み込む。

 

応用編として、

⑦実際にかかった時間を把握し、「処理スピードの確認」

 

そうすることで、

・自分の成長感

・他人へ依頼するときの時間管理を見積もるスキル

 

ができてきます。

 

 

 

5、TTPSの活用

 

「学ぶ」とい言葉は、元々

「真似をする→真似ぶ」からきています。

 

つまりは、「学ぶ」とは、成功者の「真似」をするということ。

 

そして、造語でよく用いられるのですが、

 

TTP=「徹底的にパクる」

 

の次のステージは、

 

TTPS=「徹底的にパクって進化させる」

 

こと。

 

TTPができていないのに、

 

自分は他人と違う、個性的でありたい、

簡単に真似できることだけ学ぶとかになる人は圧倒的に伸び悩む。

 

ちなみに、大事なのは「徹底的」にという部分。

 

 

 

 

 

 

大事なのは生産性を意識した行動

 

 

 

あなたは今、どのステージだろう?

ステージによって

読む本・学ぶこと・行う行動、全てが変わる。

 

 

まだまだ「与える」を学び、

自分の資質を掘り起こしていく段階にいる場合は、


自分にとっての「好き」とか「嫌い」を超越して

ひたすら行動することが大事。

(十分な資本金がある人以外、起業当初はまず、好き・嫌い関係なく動くことが大事)

 

 

 

やることを細分化すると、

やる量に対して時間が足りなくなってきます。

 

新しい道を選んでいるのだから、尚更。

 

 

時間が変わらない中、

大事なのは生産性を意識した行動が必要になるよ。

 

 

 

 

武田あゆり

 

 

 

▶︎満席になりました

5/19(日)東京開催セミナー

5/19開催!【普通のOLが副業から起業/月収7桁を目指すセミナー】

 

▶︎満席になりました

6/23(日)東京開催セミナー

【満席御礼】普通の私に「ファン」ができる!初心者向けブランディングセミナー

 

▶︎\NEW/

7/21(日)東京開催セミナー決定!

 

 

▶︎【継続講座】募集開始!!

また、こちら満席になっていますが、

夏に再開催しようかなと思っています。

募集をお待ちください。


 

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。